ニッコール200-500mmで野鳥を撮った

コゲラ

手ごろな値段で解像など写りが良いと評判の望遠レンズNIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで野鳥を撮りました。

今まで公園や冬鳥のちょっとした撮影にはシグマ150-600mmF6.3を使っていました。写りも良くオートフォーカスもUSBDUCKで調整すれば激速になります。軽いので手持ちでも撮影できてとてもいいレンズだと思います。

その上位のレンズとなるとロクヨン(600mmF4)とかサンニッパ(300mmF2.8)という事になるんでしょうか。しかしロクヨンは高価すぎますし、サンニッパは魅力的なのでいずれほしいと思いますが、値段と焦点距離で後回し。今回はNIKKOR 200-500mmです。初めての純正望遠レンズです。

撮ったのはお散歩撮影で小鳥たちです。

コゲラ
コゲラNIKKOR 200-500mmで撮影、SS500/秒、F5.6、ISO280
シジュウカラ
シジュウカラNIKKOR 200-500mmで撮影、SS500/秒、F8.0、ISO64
ジョウビタキのメス
ジョウビタキのメスNIKKOR 200-500mmで撮影、SS400/秒、F5.6、ISO450
ルリビタキのオス
ルリビタキのオスNIKKOR 200-500mmで撮影、SS640/秒、F5.6、ISO500

シグマ150-600mmF6.3と比べると写りが良く感じます。手振れ補正も凄く効きますのでSSを落として撮影できる感じです。なのでISOが下がりますので、とまりものではより画質が上がりそうです。スローシャッターで流し撮りにもチャレンジできそうです。ただ、オートフォーカスはシグマのほうが断然早いと思います。精度に関してはもう少し撮ってみて感想を書きたいと思います。

まだ慣れてはいませんが、やはり純正レンズと言いますか、なんとなくすべてがちゃんとしている感じですで、シグマ150-600mmと比べると「大差ないがちょっとづついろいろ良さそう」という感じに思います(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です